導入する店が増加中

食べる人

大都市に多い

ビットコインは世界的な仮想通貨として広く流通していますが、日本においても使える店が多くなっています。日本でビットコインが使える店は主に東京を中心とする大都市に多いです。レストラン、喫茶店、ショッピングセンターなどでもビットコインが導入されていますし、最近では英会話スクールや空手道場などでも導入されています。使用可能なお店の傾向としては、大規模なお店というよりも小規模な飲食店が多いです。これは新規顧客を開拓するためです。ビットコインが使える店として前面にアピールすることで顧客を引き込むことができるという企業側のメリットがあります。そうした背景もあって大都市では全体的に使える店が増加しています。ビットコインの取引量自体は日本は世界でも指折りの国です。地方においてはまだ仮想通貨自体の認知度が低いため、導入が遅れていますが、ビットコインのブームは少しずつ波及してきています。また、実際の店舗だけでなく日本の通販サイトでもビットコインの導入が行われています。決済方法がビットコインでの支払いでもできるように、新しいシステムを取り入れている通販サイトも珍しくなくなってきました。ただし、ネット上でビットコイン決済を可能にするには高レベルなセキュリティを必要としますので、慎重になる企業も多いです。国際的に見ればビットコインに対応している企業の数が確実に増加していますので、グローバルに展開している日本企業も今後対応する必要が出てくる可能性が高いです。